So-net無料ブログ作成
検索選択

ビジネスシーンにおけるジュエリーリング [ビジネスシーンでのジュエリー]

ビジネスシーン

ビジネスシーンにおけるファッションとは、ズバリ「その仕事にふさわしいセンスがあることを表現する手段」ではないでしょうか。

私自身も元ビジネスパーソンとして見てきたことですが、仕事ができる方というのは、やはりビジネスファッションにもそういったセンスが感じられました。

では、ビジネスシーンのファッションにおいて、表現すべきはどのようなこと(要件)なのでしょうか。

よく言われるのは「お客様や周囲に不快感を与えないこと」ということですが、これをもう少し掘り下げて考えてみますと、次のようなファッションであると当ショップは考えます。

[0] その仕事をしやすい・動きやすい
[1] 清潔感がある(手入れ・自然さ)
[2] 信頼感・安心感がある(仕事を任せられる・能力ありそう)
[3] 好感をもたれる・親しみやすさがある(+適度な変化・新鮮さ)

まずそもそも、その仕事をしやすいファッションであることは大前提と思います。常に生産性向上が求められる仕事場において、仕事の邪魔になるようなファッションは論外です。次に、その仕事にふさわしい清潔感があること。たとえ高価なファッションアイテムであっても、手入れが行き届いていなかったり、その仕事において不自然に華美にすぎると、特に初対面の方の場合などは生理的に受け入れていただけなくなることもあるでしょう。

そして、その仕事や立場にふさわしい信頼感・安心感があること。引用するにはちょっとはばかられますが、プロの詐欺師は信頼感・安心感にこだわったファッションをするそうです。ファッションを見て、この人だったら任せられる、と思う人が多いことのあらわれなのでしょう。ですので、特にリーダ的な立場のビジネスパーソンであれば、仕事を任せられる・能力がありそう、というイメージをもっていただけるファッションを意識することが重要と考えられます(もちろん中身が伴わなければ詐欺師と同じになってしまいますが・・)。

最後に、上記を満たしたうえで、好感をもたれる・親しみやすい印象があること。ビジネスとはいっても、最後は個人としての人と人とのつながりです。このつながりを保ち続けるには、個人として好感をもたれたり、親しみやすい印象をもっていただく工夫が重要になります。それにはほかの人とも違う、その人なりの表現も必要でしょうし、その人のなかでも適度な変化や新鮮さを加えることで、話題性も高まり、ビジネスを超えたつながりにもなっていくのではないでしょうか。

ビジネスシーン

さて、そのなかでファッションアイテムのひとつであるジュエリー(特にリング)については、ジュエリーコーディネータとしての経験からも、さらに掘り下げて考えてみたいと思います。

ビジネスシーンにおいてのジュエリーもアクセントとなるファッションアイテムであり、ジュエリーを着用するかしないか、また、どのようなジュエリーを着用するかで、大きく印象が変わります。その中でも、お客様との商談や上司との打ち合わせのような、重要なビジネスシーンで意外に目立つのが手先・指先であり、ここに「その仕事にふさわしいセンス」を表現できるのがジュエリーリングであるといえるでしょう。

お客様や上司の目の前で、資料の説明をしたり、ホワイトボードに書き込んだり、ノートなどにメモをしたりする際には、必ずその手先・指先が目にとまるものです。特に一対一でテーブルをはさんでの打ち合わせであれば、そのほとんどの時間、資料と相手の顔と手先・指先を見ていることが多いのではないでしょうか。

これは私自身の経験でもありますが、かつて、テーブルをはさんでお客様と打ち合わせしていると、お客様の視線が私の手元でとまったことがありました。その当時はリングがそれほど目立つとは思っていなかったので、イエローゴールドと白蝶貝の少しカジュアルで大き目のリングをしていました。それが場違いであると感じ、すぐさまリングをはずしてしまったこともあります。

だからと言ってジュエリーをしないのは、「その仕事にふさわしいセンス」を表現するチャンスを逃すことになります。特にビジネスの経験を積んでそれなりのポジションになり、そのポジションにふさわしい質の服を着るようになれば、ここぞという時ほどジュエリーをしないのは画竜点睛を欠くといえるでしょう。なぜならば、身体の多くの面積を占めるのは服ですが、ビジネスシーンにふさわしい服となると、たとえ上質な服であっても、どうしても集団に埋もれがちな色・形がメインになるからです。そこで、男性の場合、顔の近くにあるネクタイで個性を表現することが多いわけですが、女性の場合、顔に近いピアス・ネックレス・ブローチ・スカーフなどだけでなく、さらにお客様に近い位置となる手先・指先のジュエリーリングにこそ、実は無理なく自然に個性を表現できるチャンスがあるのではないでしょうか。

では、ビジネスシーンにおけるジュエリーリングに求められる要件はどのようなものでしょうか。

それは、ジュエリーリングもファッションアイテムですので、冒頭に挙げたビジネスシーンにおけるファッションの要件を満たすことにほかなりません。

[0] 電話・パソコン・資料作成などのデスクワークや、プレゼンテーション・資料説明の際に、邪魔にならない大きさであること
[1] 手入れが簡単にできる素材・デザインであり、スーツやインナーとの相性・バランスがいい素材・デザインであること
[2] 使い込んでも、みすぼらしく見えない安っぽく見えない上質な素材であること
[3] 規則的とランダムのあいだのここちよい複雑さや、見るたびに新しいストーリーを感じさせるようなデザインであること

当ショップはそのように考えております。そのなかでも上記[3]の実現が重要で、ビジネスシーンという外部制約が大きくありながらも、着用している人に変革価値をもたらすアイテムにできるであろうと当ショップは考えております。この点については、別のコラムで考えたいと思います。

ビジネスシーンにおけるジュエリーについては、制約も多くデザインの自由度も低く思われたため、議論されることが少なかった印象があります。しかしながら、技術の進歩や社会の変化により、それが変わる可能性は大いにあると当ショップは考えます。このコラムをご覧いただいている方のなかにも、ビジネスシーンで使えるジュエリーの少なさにご不満をお持ちの方や、私のようにビジネスシーンでのジュエリーで失敗したご経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか(私だけでしょうか・・・汗)。

このコラムをご覧いただいて、お感じになられたことや、思い出されたご経験があれば、ぜひコメントをいただければ幸いです。いただいたコメントは、みなさまのお役にたてるよう、今後のコラムや当ショップの製品づくりにいかしてまいります。 



★ 関連コラム
 ・ビジネスでのファッションは仕事のセンス
 ・ビジネスシーンにふさわしいV字タイプの指輪

 ・当ショップの特長|「もうひとりのあなた」を見つける場
 ・商品化デザイン案一覧 [1]|お気軽にご意見・ご感想を
 ・ビジネスシーン・ジュエリーのコラム一覧

Another You Shop ホームページ画面を起動します。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
ブログアドレスURL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ 現在の画像認証文字は587625です(数字部分をコピー&ペーストして入力ください)。お手数おかけしますが、So-netブログの大量スパムコメント対策のため、画像認証が必要になりました。
※※ 現在、コメント投稿は承認制としております。ご投稿いただいたコメントの公開までには、今しばらくお時間をくださいませ。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。