So-net無料ブログ作成
検索選択

ビジネスシーンでのブローチ [ビジネスシーンでのジュエリー]

ビジネススーツに合わせるジュエリーが見つからないという声をよく聞きます。 ジュエリーは敷居が高いとも。確かに、スーツを着た女性を街で見かけても、多くの方はジュエリー・アクセサリーをしていません。ジュエリーは相手に「上品質=安心感」というイメージを与えられるものなので、ビジネスシーンで使わないのはもったいない気がします。

しかし、ビジネスシーンでのジュエリーは、まだまだルールがはっきり決まっていません。そのため、その場にふさわしいか否かを感じ取るセンサーが重要になりますが、それには場数を踏むしかありません。ジュエリーはもちろん、アクセサリーにもあまり慣れていない方、つまり、プライベートでもその類をあまり身につけたことがない方は、出来るだけ抵抗の少ないものから試してみるとよいかと思います。そういう方への、私のお勧めは、ブローチです。

ジュエリーは、地金には金、銀、プラチナ類を使用し、天然あるいは人工の宝石素材のみを使用したものをいいます。アクセサリーは、使用素材を限定しないものをいいます。 

1.ブローチをお勧めする理由 

私も、ブローチは今まではビジネスシーンで使ったことがありませんでした。なぜなら、ブローチといわれて思い出す安全ピン・タイプのものは、ちょっと大きめなので時代遅れな野暮ったいイメージがあったからです。また、あけた穴が大きくなりやすいので服を傷めるとも感じていました。

しかし最近、タック・ピン・タイプのブローチ(一般的にはピンズ、ピンバッジと呼ぶ)をしている女性を見て、これなら取り入れやすいのではと思いました。男性の場合、スーツにあるフラワーホールに社章を刺している方を時々見かけます。この社章を、もうちょっと美的なものにすればいいのです。肌に直接つける他のアイテムと違い、服の上につけるブローチは服の延長線上に感じやすいので、周りにいるビジネスシーンでのジュエリーに抵抗のある方にも受け入れていただけるのではないでしょうか。

残念ながら、女性のスーツには男性のスーツにあるフラワーホールが開いていないことが多いもの。そのため、ピンズを刺すとスーツに穴が開きます。しかし、大きくて重い安全ピン・タイプのブローチほどは大きな穴にならないとはずです。女性の場合、フラワーホールがあるべき位置にとらわれず、バランスのよい位置に刺せばよいでしょう。慣れれば、2つつけるなどしてより変化を楽しむ方法もあります。

2.ブローチの種類 

ブローチの種類は、 

  • 安全ピン・タイプ            裏面に安全ピンがついたようなタイプ。
  • スティック・ピン・タイプ     長い針がついたタイプ。ピン先は服に通しキャッチで留めます。
  • タック・ピン・タイプ          短い針がついたタイプ。服の裏からキャッチで止めます。
  • クリップ・タイプ              ばねではさんで留めるタイプ。胸ポケットや襟を利用します。
があります。
 
大きすぎるブローチはビジネスシーンには合わないので、安全ピン・タイプを選ぶ際にはデザインに気をつける必要があります。安全ピンにそって長いデザインのものを、横ではなく縦につければ決まりやすいと思います。スーツの襟の上の位置から下の位置に安全ピンを刺すのです。このタイプのブローチは、安全ピンに隙間があると穴が広がりやすいので、服の厚みが足りないときは襟の裏にフェルトなどのあて布をして隙間をなくすと穴が広がりにくくなります。
 
スティック・ピン・タイプも、襟の縦方向につけますので、シャープな印象になり、ビジネスシーンでも使いやすいと思います。
 
タック・ピン・タイプは前に述べましたが、2つつける際は、下より上に小さいものをつけたほうがバランスがとりやすいと思います。
 
クリップ・タイプは、はさむので服に穴が開けずにすむというメリットがあります。しかし、タイ・クリップ(男性がネクタイをはさんで留めているもの)と同じ構造なので、襟がないタイプのスーツには使えないなど、つける場所の制約があるというデメリットもあります。
 

3.つけ方の注意

クリップ・タイプ以外、ブローチには針がついています。安全性を考えると、ブローチは利き手でない方(利き手の方が動きやすいので当たりやすい)、ショルダー・バッグを下げない方につけることをお勧めします。ブローチのついた側にショルダー・バックを下げる際は、手やショルダーがブローチに当たらないようご注意ください。

よく言われることですが、ブローチをつける位置やデザインによって印象が変わります。鎖骨に近い高いところにつければ背を高く、 逆に下げてバスト・トップに近いところにつければ背を低く見せます。しかし、最近は低く見せたい人は少ないでしょうし、下につけるとやはり野暮ったい印象になります。一般的には、鎖骨あたりにつけるのがよいでしょう。

4.ビジネスシーンでのブローチ

最初に、ジュエリーに慣れていらっしゃらない方には、ブローチが入りやすいのではないかと申し上げました。しかし、ジュエリーに慣れた方にも、ブローチはよいアイテムだと思います。ブローチは、今の日常ではあまり使用されないアイテムなので、改まった印象を与えやすいからです。ジュエリーに慣れた方なら、入学式につけるコサージュのような印象にならず、ビジネスシーンにふさわしい現代的なブローチのつけ方が出来るでしょう。スーツの上からつけるので、はっきり見えて小さくても効果的なブローチを、ビジネスシーンで活用されてみてはいかがでしょう。


★ 関連コラム
 ・ビジネスでのファッションは仕事のセンス
 ・ビジネスシーンで役立つオメガ・ネックレス
 ・ビジネスシーン・ジュエリーのコラム一覧

Another You Shop ホームページ画面を起動します。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
ブログアドレスURL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ 現在の画像認証文字は587625です(数字部分をコピー&ペーストして入力ください)。お手数おかけしますが、So-netブログの大量スパムコメント対策のため、画像認証が必要になりました。
※※ 現在、コメント投稿は承認制としております。ご投稿いただいたコメントの公開までには、今しばらくお時間をくださいませ。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました