So-net無料ブログ作成
検索選択

ビジネスシーンで役立つオメガ・ネックレス [ビジネスシーンでのジュエリー]

ビジネスシーンで使われることが一番多いジュエリーは、ペンダント、それも小さなペンダントではないでしょうか。ビジネスシーンでも無難ですし、小さいものが大好きな女性にとっては、かわいらしくて身につけるだけで楽しいものです。しかし、小さなペンダントが、これからのビジネスシーンに一番相応しいものなのでしょうか。このコラムでは、ジュエリーコーディネーターとして、また、実際のビジネスシーンでの経験をふまえて、考えてみたいと思います。

「ネックレス」とは、首回りにつけるジュエリーの総称です。吊り下がり部分のあるネックレスをペンダント・タイプのネックレス(ペンダント・ネックレス)と言います。吊り下がったものを「ペンダント」「タングル」と呼びますが、「ペンダントトップ」あるいは「ペンダントヘッド」と呼ぶこともあります。

私も若いころは、トップが小さいペンダントをよくつけていました。特にトップが1粒ダイヤモンドのものは、控えめでありながらそれなりの存在感があり、清楚で上品なイメージなので、ビジネスシーンでも安心して使えました。しかし、働いた年月が長くなるにつれ、私はこのようなペンダントに「ずれ」を感じるようになりました。部下がいるリーダーのポジションになると、私に求められることは「かわいさ」や「控えめさ」でないことは明らかだからです。もう少し主張があり頼りがいを感じるようなジュエリーを身につけなければ、と思うようになりました。

トップが小さいペンダントが「かわいさ」「控えめさ」という印象を与えるのは、その繊細さによるものだと思います。チェーンは細いですし、トップも小さい。ジュエリーの場合、細い・小さいものは、どうしても若くて幼い印象を与えます。逆に、太い・大きいものは、成熟した大人の印象になります。かわいさから脱皮し、頼りがいのある印象を与えるには、程よい太さ・大きさであることが必要なのだと思いました。

そこで、ペンダントではなく、デザインが少し凝っている太目のチェーンのネックレスを使うようになりました。例えば、右のようなものです。小さなペンダントよりは、ビジネスにふさわしい個性があるのではないでしょうか。しかし、ジュエリー・アクセサリーに慣れていない日本のビジネスシーンでは、受け入れられないケースもありそうです。もう少し一般的に受け入れられるネックレスをと考えて、チェーンは右のよりも細めで長いネックレスを使用してみました。しかし、ロングネックレスは机に座ったとき当たって邪魔など機能的でないこと、立ち姿をきれいに見せる視覚効果がメインのため机に座っているときはあまり視覚効果がないことから、デスクワークや打ち合わせが多い私には不向きだと思いました。


こうして最後にたどり着いたのが、オメガ・タイプのネックレスです。これならば、シャープかつシンプルな印象でありながら、滑らかなカーブで女性的な印象も添えることが出来ます。私が目指した、ビジネスに相応しくかつ女性らしさもあるというイメージにぴったりでした。そのため、大事なプレゼンテーションなどの席では必ずこのオメガ・ネックレスをしました。大きなプレゼンテーションルームでも、オメガ・ネックレスなら小さなペンダントのように見えなくならず、アピールできると思ったからです。

オメガ・ネックレスとは、断面がΩ(オメガ)の形をしたパーツをつないだネックレスです。滑らかなカーブとしなやかなうねりが特徴です。 


このように役に立つオメガ・ネックレスでしたが、難点の1つはバリエーションがないことです。色がゴールドかプラチナか、質感が輝いているか艶消しか、その程度のバリエーションしかありません。それを補うべく、ペンダント・トップをつけることにしました。これも、あまり大きいものではビジネスにはふさわしくありませんし、かといって小さすぎるとオメガ・ネックレスに負けてしまいます。ある程度の大きさのペンダント・トップとなると、揺れが大きいとフラフラしているイメージにもなりかねず、ビジネスシーンでは違和感があります。しかもオメガ・ネックレスは幅があるので、細いチェーンを前提としたペンダント・トップには通らないものもあるのです。こういった制約を考えると、使えるペンダント・トップはかなり限られました。ペンダント・トップにはバチ環がついているものもあるのですが、むしろペンダント・トップなしのバチ環のみの方がビジネスシーンでは使いやすい気がしました。しかし、このようなイメージのものは、残念ながら筒状のペンダント・トップくらいしか見当たりませんでした。ジュエリーを提供する側が、今のビジネスシーンにふさわしいジュエリーとはどのようなものかをつかみ切れていない印象を受けました。私どもが、そういった商品をご提供できればと考えています。

オメガ・ネックレスのもう1つの難点は、チェーンと比べ構造が複雑なことです。そのため、お値段が高くなり、サイズ変更やゆがんだ際の修理も出来ません。購入される場合はサイズ(長さ)を慎重に検討にする必要があります。また、幅によっても印象が変わりますので、幅にも注意が必要です。私はペンダント・ヘッドをつけないつもりで3mm幅を購入したのですが、ペンダント・ヘッドをつけるともう少し狭いほうが良かったと感じました。つけた印象は体格などによって変わりますので、色々な長さと幅を試してみてはいかがでしょうか。素材がK18やプラチナだとそれなりの価格になりますので、最初はリーズナブルなシルバー製品を試してみるのもよいかもしれません。

欧米に比べ、ジュエリーの歴史が浅い日本人はあまりジュエリーをつけません。つけるとしても、小さなジュエリーを好む傾向にあると思います。しかし、これからのビジネスでは、自分がその仕事にふさわしいときちんと表現できる人が求められます。ビジネスシーンでは、ファッションも「その仕事にふさわしいセンスがある」とアピールする手段なのです。適切に選ばれたジュエリーは、自信に満ちて上質で洗練されたイメージを与えやすいもの。自分の好みにとらわれ過ぎず、見せたいイメージに近づくためにはどのようなジュエリーを選べばよいかを客観的・分析的に考えてみてはいかがでしょうか。このコラムがそのお役に立てれば幸いです。


★ 関連コラム
 ・ビジネスでのファッションは仕事のセンス
 ・ビジネスシーンでのブローチ
 ・ビジネスシーン・ジュエリーのコラム一覧

Another You Shop ホームページ画面を起動します。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
ブログアドレスURL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ 現在の画像認証文字は587625です(数字部分をコピー&ペーストして入力ください)。お手数おかけしますが、So-netブログの大量スパムコメント対策のため、画像認証が必要になりました。
※※ 現在、コメント投稿は承認制としております。ご投稿いただいたコメントの公開までには、今しばらくお時間をくださいませ。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。