So-net無料ブログ作成
検索選択

ビジネスで使うジュエリーを戦略的に揃える [ビジネスシーンでのジュエリー]

ビジネスシーンのファッションは、自分が「その仕事にふさわしいセンスがある」とアピールする手段ではないでしょうか。ビジネスシーンでは、流行にこだわることなく、その仕事・その場で求められることに答えた形のファッションをする必要があります。では、ジュエリーはどのようなものを揃えればよいのでしょうか。漠然と買っていては、効率的とは言えません。ここは、経営戦略などと同じように、論理的に考える必要があります。このコラムでは、ジュエリーコーディネーターとして、また、ジュエリー製作と実際のビジネスシーンでの経験をふまえて、ビジネスシーンで使うジュエリーの揃え方を考えてみたいと思います。

分析をする場合は、比較検討する2つの指標を抽出して行うのが一般的です。ジュエリーは素材が制限されていますので、影響が一番大きいのはデザインでしょう。そこで、デザインに影響を与える指標として、ラインが直線的であるか・曲線的であるか、装飾が複雑か・単純か、の2つで考えてみたいと思います。

縦軸をライン、横軸を装飾としています。この図を元に、 各ゾーンのイメージを定義し、自分が目指すイメージはどのゾーンであるか明確にすれば、自分が揃えるべきジュエリーのデザインが分かります。

では、実際にリーダクラスの働く女性の場合で考えてみたいと思います。 

ビジネスシーンでのファッションで一番大きな面積を占めてイメージの方向性を決めているのはスーツですから、まずはスーツのゾーンを明確にします。スーツは、ラインが直線的で装飾が単純な右下のゾーン(1)になります。このゾーンのイメージは、「都会的」「シャープ」「合理的」といったもので、確かにビジネスシーンにふさわしいイメージです。

ファッションでは、小物をメインと同じ系統にすれば馴染みますので、同じゾーン(1)のジュエリーが一番違和感はないでしょう。しかし、馴染みすぎは印象が薄くなるという危険性もあり、せっかくジュエリーをつけるのにもったいないともいえます。特に、リーダクラスの働く女性はご自分自身がシャープで合理的な雰囲気を十分持っていると思いますので、むしろ違うイメージを付け足す方がふさわしいのではないでしょうか。反対に、リーダになりたての女性なら、足りないイメージを付加し自分に自信を与える、このゾーンのジュエリーを身につけてみるのが良いでしょう。

それでは、他のゾーンを順番に見ていきましょう。まず、スーツのゾーン(1)に隣接する左下のゾーン(2)です。ラインが直線的で装飾が複雑なデザインのイメージは、「クラシック」「重厚な」「凝った」といったものでしょう。スーツのゾーン(1)とも1つの軸(直線的)を共有しているので、親和性はあると思います。そのためビジネスシーンでも違和感が少ないですが、どちらかといえば男性的なイメージではないでしょうか。ビジネスは残念ながらまだ男性優位の世界なので、この男性的イメージを付加するという戦略もあるでしょう。しかし、女性がいくら男性の真似をしても男性にはなれません。しかも、現代では「女性的な感覚をビジネスに生かそう」という機運も高まっています。このことを考えると、一番目に選択するゾーンではないと思います。

BusinessScene2.jpg

次に、左上のゾーン(3)です。ラインが曲線的で装飾が複雑なデザインは、「ゴージャス」「ダイナミック」「にぎやか」なイメージになります。 ファッションでは、メインとあまりに違いすぎる系統のものは、ちぐはぐな印象になりやすいものです。その場合は、離れすぎているものの間を埋めて連続性を作れば、違和感は少なくなります。ゾーン(1)のスーツ+ゾーン(5)のアイテム+ゾーン(3)のアイテムとすれば、連続性が生まれて上手に取り込めると思います。ゾーン(5)のについては、後で記載します。スーツとあわせるには相当の経験としっかりした計算が必要な、上級者向けゾーンです。

次は、右上のゾーン(4)です。ラインが曲線的で装飾が単純なデザインのイメージは、「ナチュラル」「やわらか」「若々しい」といったものです。ゾーン(2)が男性的なイメージなら、ゾーン(4)は女性的なイメージでしょう。ただし、成熟した女性というより若い女性のイメージです。そのため、ビジネス経験の浅い女性では、「未熟さ」を連想させやすいという欠点もあります。ビジネス経験の長い、リーダクラスの女性の方が、むしろふさわしいでしょう。ただし、華奢すぎるデザインは、それなりの存在感があるご自分自身とのバランスがとれないので、避けるべきです。
 
最後に中央のゾーン(5)です。ラインは直線と曲線が程よくミックスされ、装飾も単純ではないけれど複雑まではいかない程よさ。中途半端ではなく、バランスのとれたニュートラルなゾーン。このゾーンのイメージは、「エレガント」「おだやか」「シック」などでしょう。先ほど、現代のビジネスシーンでは女性らしさが求められていると述べました。しかし、女性らしさを前面に出してしまうと、かえってマイナスになります。ビジネスシーンでは、単純な女性らしさではない、バランスのとれた女性らしさが求められるのです。つまり、このゾーンのアイテムがビジネスシーンでは一番使えるのではないでしょうか。
 
以上から、リーダクラスの働く女性がビジネスシーンで使用するジュエリーとして、まず一番に揃えるべきはゾーン(5)(エレガント・シック)のデザインのジュエリーでしょう。ゾーン(5)のアイテムは、他のゾーンのイメージが程よい強さでミックスされているので、単体で使用しても深い印象を与えます。その次に揃えるのは、ゾーン(1)(都会的)、ゾーン(4)(ナチュラル)のアイテムで、単体で使用するよりも、ゾーン(5)のアイテムに重ねて、さらに深みを出すのがお勧めです。ここでアイテムを重ねてイメージをコントロールする経験を積んだ上で、最後に揃えるのがゾーン(3)(ゴージャス)、ゾーン(2)(クラシック)だと思います。
 
今回選んだのはライン・装飾という2つの軸でしたが、それ以外の軸(例えばボリュームなど)も考えられると思います。効率的にジュエリーを揃えるために、ご自分で分析して戦略を練ってみるのもよいかと思います。その際、このコラムが参考になれば幸いです。
 
当ショップでは、そのようなゾーン(5)(エレガント・シック)のデザインを中心に、ビジネスシーンで使えるジュエリーをご提供したいと思います。(申し訳ございませんが、まだ準備中です。)
 
 
★ 関連コラム
 ・ビジネスでのファッションは仕事のセンス
Another You Shop ホームページ画面を起動します。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
Copyright (c) 2012 ~ 2016 ANOTHER YOU All Rights Reserved.

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
ブログアドレスURL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ 現在の画像認証文字は587625です(数字部分をコピー&ペーストして入力ください)。お手数おかけしますが、So-netブログの大量スパムコメント対策のため、画像認証が必要になりました。
※※ 現在、コメント投稿は承認制としております。ご投稿いただいたコメントの公開までには、今しばらくお時間をくださいませ。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。