So-net無料ブログ作成
検索選択

今もとめられるジュエリーとは [ビジネスシーンでのジュエリー]

みなさんは、ジュエリーがどのように製作されるかご存知でしょうか。ジュエリーの製作は長く伝統的な方法で行われていましたが、近年は新しい技術が次々と開発されて変わりつつあります。現在、ジュエリーの製作方法は、伝統的な手作り法と、近年発達したロスト・ワックス・キャスティング法の2つが主になっています。今回は、ジュエリーの2つの製作方法と、それが変わることによってお客様にどのようなメリットがもたらされるのか、ジュエリー製作者・ジュエリーコーディネータとして、またかつて一般企業で現場リーダーとして働いた経験のあるひとりの女性として、考えてみたいと思います。

1.手作り法 

貴金属を叩いたり、延ばしたり、切ったり、くっ付けたりなどして形を作るというものです。長い間、この方法がジュエリー製作の基本でした。例えば、平打ちと呼ばれるリングは、貴金属を板状にし、板を曲げて切り口がぴったりとあわさるようにすりあわせ、切り口の近くにロウと呼ばれる合金を置いて、火を当てます。ロウは貴金属より溶ける温度が低いので、ロウだけが溶けて切り口に流れ、切り口が接合します。そして、やすりなどを使って形を整え、磨いて完成となります。

道具を使ってはいますが、金属を曲げたり叩いたりしますので、体力(特に腕力)が必要な作業になります。そのため、ジュエリーの製作者はずっと圧倒的に男性が多かったのです。

 


 2.ロスト・ワックス・キャスティング法

この方法では、貴金属ではなくワックス(WAX)をジュエリーの形に加工します。 ワックスはろうの一種なので、貴金属と比べ加工が容易というメリットがあります。ワックスと同じ成分のろうそくを思い浮かべてください。ろうそくは、爪でも削ることができます。ワックスの加工に使用する道具については、別コラム「ANOTHER YOU のジュエリーができるまで」の「4.ワックスの修正」でご紹介しています。

ワックスをジュエリーの形にしたら、それを貴金属に置き換えなければなりません。この方法はその名の通り、ワックスの周囲を石膏で固めた上でロストさせ(溶かして蒸発させ)て型をつくり、キャスティングする(鋳造:型に溶けた金属を流し込み、冷やして形を作る)ものです。

もう少し詳しく右図とあわせて手順を記載します。
1.ジュエリーの形をワックスで作成する
2.ワックスに湯道(金属が流れる道)をつけて
  ゴム台と呼ばれる台に立てる
3.2の周りに石膏を流し込んで固める
4.ゴム台を外し、石膏を熱してワックスを溶かす
  (図の緑の部分は空洞となる)
5.空洞に溶かした貴金属を流し込む
6.石膏を壊して固まった貴金属を取り出す 

この方法は戦後アメリカで発達し、日本では昭和40年以降に隆盛しました。


3.製法が変わることのメリット

現代では、一般に流通しているジュエリーの多くがロスト・ワックス・キャスティング法で作られています。その理由は、手作り法に比べたデザイン自由度の高さと、量産による低コスト化であると言われています。ワックスは立体的でボリュームのあるデザイン、曲線的なデザインの製品を作りやすいので、デザインの自由度が一気に高まりました、最近男性に人気のシルバーアクセサリーは、ワックスだからできるデザインといえるでしょう。また同じ形のワックスをいくつも作ることができるゴム型という別の技術とあわせれば、簡単な手間で同じ形の製品を量産できるようになり、1つ1つ手作りするよりはコストが抑えられます。

しかし、ロスト・ワックス・キャスティング法が広まった根源的な理由は、ジュエリーに求められるものが変わってきたからではないかと私は思います。少し前までのジュエリーは宝石が主役で、貴金属はそれを支える脇役でした。大きな宝石のジュエリー、宝石がたくさんついたジュエリーは今でも女性の憧れですが、現代の一般的な女性がそれを身につけて違和感のないシーンがあるかといわれれば、ほとんどの場合はNOでしょう。では、現代女性が使えるジュエリーとはどのようなものでしょうか。それは、行動の邪魔にならず、それだけが目立ちすぎず、しかし質の良さ、身につける人のセンスの良さを感じさせるようなものではないでしょうか。となると、小さな宝石しか使えない(場合によってはそれすら使えない)ため、貴金属部分のデザインが重要になってきます。デザインの自由度が高いロスト・ワックス・キャスティング法は、まさに新しい時代のお客様のニーズに応えうる技術なのです。

しかし、現代のジュエリーはこうしたお客様のニーズに本当に応えているでしょうか。流通しているジュエリーのほとんどは、若い女性向けのアクセサリーに近いジュエリーか、従来通りの宝石志向のセレブ向けジュエリーです。しかし、現代の女性のライフスタイルは多様化し、この2つに当てはまらないニーズが増えています。ジュエリーが売れない時代だと言われますが、その原因の1つは女性のライフスタイルが多様化したにもかかわらず、ジュエリーが多様化していないことにあるのではないでしょうか。
 
この点でもロスト・ワックス・キャスティング法の「道具がそれほど要らない」「腕力が要らない」というメリットが生かされつつあります。手作り法では、硬い貴金属を加工しますのでどうしてもそれなりの設備とそれなりの腕力・経験が必要です。一方、ロスト・ワックス・キャスティング法では、ワックスを貴金属に置き換える工程(=キャスト:2番目の図の2~6まで)を行う専門業者がいます。従って、ジュエリー製作者は、ワックスの加工とキャストで出来上がった貴金属の形を整えて磨くなどの作業ができる設備と技術があればよいのです。手作り法では必要な重装備な設備と腕力を前提とするような技術が求められないことは、ジュエリー製作者の間口を広げました。
 
ロスト・ワックス・キャスト法によって、ジュエリーデザインの幅が広がりました。さらに、今後様々な経験を持つ人がジュエリー製作者になる可能性が高くなりました。この2つの相乗効果で、ジュエリーデザインは多様化していくことでしょう。そしてジュエリーデザインは、多様化した現代女性のライフスタイルに寄り添ったものとなるでしょう。これからは、お客様の新しいライフスタイルにあったジュエリーを選ぶ楽しみが出てくることが期待されます。その中で、当ショップは働く女性がビジネスシーンで使えるジュエリーをデザイン・製作してまいります。加えて、実際のビジネスシーンでの経験を生かし、ジュエリーコーディネーターとして、様々なビジネスシーンにふさわしいジュエリーを中心とした新しいファッションスタイルをご提案してまいります(ただいま開店準備中です)。
 
★関連コラム
Another You Shop ホームページ画面を起動します。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
ブログアドレスURL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ 現在の画像認証文字は587625です(数字部分をコピー&ペーストして入力ください)。お手数おかけしますが、So-netブログの大量スパムコメント対策のため、画像認証が必要になりました。
※※ 現在、コメント投稿は承認制としております。ご投稿いただいたコメントの公開までには、今しばらくお時間をくださいませ。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。