So-net無料ブログ作成

ビジネスシーンにふさわしいジュエリー(2)-胸元 [ビジネスシーンでのジュエリー]

ビジネスシーンにおけるファッションとは、ズバリ「その仕事にふさわしいセンスがあることを表現する手段」ではないでしょうか。リーダーがその仕事にふさわしいセンスがあることを表現するための方法を、第1回の顔まわりのジュエリー(イヤリング・ピアス)に続き、今回は胸元のジュエリー(ネックレス・ブローチ)について考えてみたいと思います。なお、ネックレスにはペンダントも含みます。

「ネックレス」とは、首回りにつけるジュエリーの総称です。吊り下がり部分のあるネックレスをペンダント・タイプのネックレス(ペンダントネックレス)と言います。吊り下がったものを「ペンダント」「タングル」と呼びますが、「ペンダントトップ」あるいは「ペンダントヘッド」と呼ぶこともあります。

1.ネックレス・ブローチで得られる一般的な効果

ネックレスを身につけることで得られる一般的な効果は

  • 顔まわりを明るく、華やかにする。
  • 胸元に表情を作る。
  • 長さによって、違ったイメージを作る。

またブローチの効果は

  • 胸元に表情を作る。
  • 洋服の模様のように見せる。

と言われます。

しかし、ビジネスシーンでは「この人は、その仕事にふさわしい。仕事をきちんとやってくれそうだ。」と思わせることがもっとも重要です。このことを基準に、必要な効果だけ選択しないと、「その仕事をきちんとやってくれるだろうか」と疑われかねません。

ビジネスシーンでは、ジュエリーのわずかな色・光でも明るさ・華やかさを感じやすいものです。ビジネスはチームプレーなので、周りとのバランス、女性のビジネスファッションには意外に厳しい男性の感覚も、きちんと計算する必要があります。また、胸元は女性らしさをストレートに感じやすいところです。リーダーに女性らしい「感覚・アイデア」が求められることはあっても、女性らしい「見た目」が求められるかといえば、要求度は低いはずです。しかも、男性が多い日本のビジネスシーンでは、女性らしさに敏感な傾向があります。このようなことを踏まえて、ビジネスシーンで必要な胸元の表情とは何かをしっかり考える必要があります。


2.ビジネスシーンで気をつけるべきポイント

では、ビジネスシーンで重要な「仕事をきちんとやってくれそうだ」というイメージをネックレス・ブローチで与えるにはどうすればいいのでしょうか。 考慮すべき点は以下の3つです。

(1)仕事の邪魔にならないこと

ビジネスでもっとも重要なことは実際に仕事をきちんとこなすことであり、その上で自分は仕事をきちんとこなす人間であるとアピールしなければ意味がありません。リーダーの場合は、打ち合わせなど座っていることも多く、打ち合わせ中に長いネックレスを机にぶつけてカチャカチャさせていては、相手に不愉快な思いをさせることもありますし、自分自身が仕事に集中できないはずです。長いネックレスは立ち姿を美しく見せるという効果がありますが、打ち合わせなど重要な場面では座っていることが多いリーダーには、長いネックレスは実用的ではありません。短いネックレスは座ったときに顔まわりや上半身にアクセントをつけるので、この点でも短いネックレスは効果的です。一方、ブローチは、服と一体化するため大きすぎなければ邪魔になりにくいという利点があります。

(2)リーダーにふさわしいイメージであること

ジュエリーはボリュームのあるものほど華やかさを感じやすいため、胸元でもボリュームを抑えるという方が多いのではないでしょうか。ネックレスは、特にその傾向が強く、非常に華奢なものを選びがちだと思います。しかし、華奢すぎるものは幼さ・未熟さ・頼りなさを感じさせやすいものです。リーダーがこれらを感じさせてはいけません。胸元は華やかになり過ぎず、華奢になりすぎず、適度なボリュームのあるネックレスやブローチがビジネスシーンにはふさわしいと思います。

(3)ビジネススーツに変化をつけられること

ビジネススーツは色・形の制約があるため、どうしても同じような印象になりがちです。しかし、胸元のジュエリーはそれなりの面積があるため、スーツ姿に変化をつけることができます。同じような効果を持つものとしてスカーフ・ストールなどがあり、それはそれで有効ですが、ネックレス・ブローチと比べて柔らかい印象になりやすいものです。ジュエリーは固い貴金属が土台ですから、きちんとした印象を与えやすいのです。このきちんとしたイメージこそ、「その仕事にふさわしい」という印象につながります。


3.ビジネスシーンで効果的な胸元のジュエリーとは

そこでまずおすすめしたいのは、ブローチです。ブローチは、直接肌につけずスーツの上に着けるので、次のような利点があります。

(1)スーツと一体化するので、仕事の邪魔にならない。
(2)スーツという大きな土台があるので少し大きめでも違和感が少なく、リーダーにふさわしい存在感を表現しやすい。
(3)模様のようにスーツに溶け込み、スーツに変化をつけやすい。
 
ブローチは服に穴が開く、服が傷むと敬遠される方も多いかと思います。しかし、厚さがあるスーツの生地ならばそれほど穴が広がることはなく、薄地の場合は裏に当て布をすると穴が広がりにくくなります。ブローチが重過ぎたり、針が太すぎると穴が開きやすいのですが、重すぎるようなものはビジネスシーンにはあいません。ですから、スーツに穴が開くことをそれほど気にする必要はないと思います。廉価なアクセサリーではバネではさんで留めるクリップ・タイプのブローチもありますが、落としやすいこともあってジュエリーで使われることは少ないです。この点は、製作・販売者がもうすこし改良すべきでしょう。ビジネスシーンで使うブローチについては、別コラム「ビジネスシーンでのブローチ」でも考察していますので、そちらもご参照ください。
 
なお、ブローチの大きさや着ける位置をチェックする際は、立ち姿で全身を鏡に映すだけでなく、上半身だけ映してチェックしましょう。打ち合わせなど机に座った状態では上半身しか見えないことが多いからです。
 
次におすすめするのは、オメガネックレスです。オメガネックレスには、次のような利点があります。
 
(1)短いので、仕事の邪魔にならない。
(2)リーダーにふさわしい存在感がありながら、ほどよい女性らしさも感じさせることができる。
   これはチェーンタイプのネックレス(ネックチェーン)はつけるとV字のラインになるが、オメガネックレスは丸みのある優しいラインになるため。 

ただし、残念ながら、ビジネスシーンでオメガネックレスに大きなペンダントトップを着けることは出来ないので、(3)のスーツ姿に変化をつけることは難しいです。また、オメガネックレスの長さと幅には注意が必要です。オメガネックレスはチョーカー(35cm)、プリンセス(43cm-45cm)と呼ばれる長さですが、これは首の短い人にはあわない長さです。首の長さの印象はスーツやシャツの襟の形などによっても変わりますが、首が短めだと感じておられる方は、冷徹に自分に似合っているかをチェックしてください。さらに、日本のビジネスシーンでは女性のVゾーンが狭いことが多いので、バランスを考えるとオメガネックレスはあまり太くないほうが良いと思います。太いと、圧迫感・窮屈感がでます。オメガネックレスについては、別コラム「ビジネスシーンで役立つオメガ・ネックレス」でも考察していますので、そちらもご参照ください。
 
オメガネックレスは、その昔に大ヒットしたことから流行おくれと捉える方もいらっしゃるようです。しかし、ビジネスシーンでファッションの流行にとらわれ過ぎるのはいかがでしょうか。ビジネスでもビジネスファッションでも、重要なことはその場にふさわしいものを先入観なく選択できる力だと思います。相手にとって重要なのは、あなたが「流行に敏感であるか」ではなく、「仕事にふさわしいセンスがあるか」なのですから。


次回は、手元のジュエリーを考えてみたいと思います。

当ショップは、上記(1)~(3)の条件を満たすようなジュエリーのデザイン・製作に挑戦してまいります。加えて、実際のビジネスシーンでの経験を生かし、ジュエリーコーディネーターとして、様々なビジネスシーンにふさわしいジュエリーを中心とした新しいファッションスタイルをご提案してまいります(ただいま開店準備中です)。

★ 関連コラム

 ・ビジネスでのファッションは仕事のセンス
 ・ビジネスシーンで役立つオメガ・ネックレス
 ・ビジネスシーンでのブローチ
 ・ビジネスシーン・ジュエリーのコラム一覧

Another You Shop ホームページ画面を起動します。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
ブログアドレスURL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ 現在の画像認証文字は587625です(数字部分をコピー&ペーストして入力ください)。お手数おかけしますが、So-netブログの大量スパムコメント対策のため、画像認証が必要になりました。
※※ 現在、コメント投稿は承認制としております。ご投稿いただいたコメントの公開までには、今しばらくお時間をくださいませ。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました