So-net無料ブログ作成
検索選択

ビジネスシーンにふさわしいジュエリー(3)-手元 [ビジネスシーンでのジュエリー]

ビジネスシーンにおけるファッションとは、ズバリ「その仕事にふさわしいセンスがあることを表現する手段」ではないでしょうか。リーダーがその仕事にふさわしいセンスがあることを表現するための方法を、顔まわりのジュエリー(イヤリング・ピアス)胸元のジュエリー(ネックレス・ブローチ)と考えてきましたが、今回は手元のジュエリー(リング・ブレスレット)について考えてみます。

1.リング・ブレスレットで得られる一般的な効果

リング・ブレスレットを身につけることで得られる一般的な効果は、手元にポイントを作る、手の動きで女性らしさを表現できる、と言われています。ビジネスシーンでも、手元は意外に目立ちます。特に現場リーダーの場合、お客様や上司の目の前で資料の説明をしたりホワイトボードに書き込んだりするケースも多く、なおさら目立つでしょう。手の動きは女性らしさを感じやすいものですが、胸元から感じる女性らしさほどストレートではなく、どちらかといえば柔らかさや細やかさといった精神的なイメージの方が強いと思います。また、手は人間の意志を感じやすいところでもあります。女性リーダーには、男性にも負けない強さと女性らしい「感性・アイデア」という相反する2つが求められていますが、手元のジュエリーには意志の強さと質の高い女性らしさを嫌味なく感じさせる力があるはずです。

なお、リングには婚約・結婚などを伝える効果もありますが、ビジネスシーンでは、あなたの婚約や結婚というプライベートなことははっきり言えば「どうでもよいこと」でしょう。結婚して一人前という感覚はもはや過去のものです。周りの人にとって重要なのは「この人は、その仕事にふさわしいだろうか。仕事をきちんとやってくれるだろうか。」ということ。婚約・結婚指輪もシンプルであれば問題はありませんが、華美な婚約指輪は、ビジネスとプライベートの線引きができない人、あるいは紛失したら大変なものを忙しい場に持ち込むようなリスク管理ができない人、と判断されかねないので注意が必要です。
 

2.ビジネスシーンで気をつけるべきポイント

では、ビジネスシーンで重要な「仕事をきちんとやってくれそうだ」というイメージをリング・ブレスレットで与えるにはどうすればいいのでしょうか。 考慮すべき点は以下の3つです。

(1)仕事の邪魔にならないこと

厳しい競争にさらされているビジネスの世界では、効率化・最適化が求められています。仕事の邪魔になるようなものを身につけていたら、それだけでビジネスマインドの欠如と判断されてしまうでしょう。

打ち合わせや資料作成などでデスクワークも多いリーダーが、ブレスレットを机やパソコンに当ててカチャカチャさせていては、相手に不愉快な思いをさせるだけでなく、自分自身の集中力に影響しかねません。大きいブレスレットはビジネスシーンで論外ですし、細めのブレスレットでも細心の注意が必要です。リングはブレスレットほど邪魔にはなりませんが、小指にはめるピンキーリングや(女性ではめる人はほとんどいませんが)親指にはめるサムリングは机などに当たりやすいので、ビジネスシーンではあまりおすすめできません。

(2)リーダーにふさわしいイメージであること

ジュエリーはボリュームのあるものほど華やかさを感じやすいため、ビジネスシーンではボリュームがありすぎるものは適しません。一方で、華奢すぎるものは幼さ・未熟さ・頼りなさを感じさせやすく、これらはリーダーにふさわしくないイメージです。手元も、華やかになり過ぎず華奢になりすぎず、適度なボリュームのものがよい点は胸元と同じですが、胸元より空間が狭いだけにより注意が必要です。

また、リングはどの指に着けるかによって印象が変わります。例えば、人差し指は「人々を導き教える」と言われリーダーにふさわしい一面はありますが、尊大なイメージを与えるリスクも大きいものです。着ける指による印象の違いは、別コラム「ビジネスシーンでの指輪はどの指に」で考察していますので、ご参照ください。

(3)腕時計・ネイルアートとのバランスに気をつける

ビジネスでは「時は金なり」です。リーダーの場合は分刻みのスケジュールで行動していることも多いので、腕時計は必須のはずです。また、最近はネイルアートに気を使う女性も増えて来ました。したがって手元のジュエリーは、腕時計・ネイルアートとのバランスをしっかり考える必要があります。この3つでもっとも重要なのはビジネスで必須の腕時計であり、腕時計は数個しか持っていないケースが多いので、腕時計からコーディネートを考えるのが合理的だと思います。

また、ビジネスシーンでのジュエリーやネイルアートに対して、男性は女性より厳しい判断基準を持っていることに注意する必要があります。ネイルアートは、「お手入れ」というレベル(長すぎず、素の爪の延長のようなわずかな色)は良いが、「装飾」の要素が入る(はっきりした色、模様やストーンがつく)とビジネスにはふさわしくないと考える男性は多いものです(特に、決定権を持つようなポジションの男性の場合)。ジュエリーも派手なものはビジネスシーンにふさわしくありませんが、貴金属には「質の高さ」を感じさせるという側面があります。「質の高さ」はポジションの高い人ほど重要視するものであり、ネイルアートにはないジュエリーのメリットだと思います。

3.ビジネスシーンで効果的な手元のジュエリーとは

ビジネスシーンでは腕時計が必須であり、多くの場合はメタルバンドであることを考えると、コーディネートしやすいのはブレスレットよりリングでしょう。メタルバンドの腕時計にブレスレットは合わせにくいものです(その理由は、別コラム「働く女性の腕時計とブレスレット」で解説しています)。それに対し、リングは、以下のようにビジネスシーンにふさわしい特性を持ちます。
 
(1)指にはめて動く余地が少ないので、仕事の邪魔になりにくい。
(2)手首より指先を強調した方が、「意志の強さ」を感じやすい。
(3)手首から離れているので、腕時計と競合しない。

金属という共通性を持ったリングはメタルバンドの腕時計になじみやすく、結婚指輪+α程度の大きさであればビジネスシーンでも大きく外れることはないはずです。腕時計のイメージにあわせた具体的なコーディネートは別コラム「働く女性の腕時計と手のジュエリー」で考察していますので、ご参照ください。
 
ただし、どうしても面積の広い腕時計の印象が強く、リングの印象が薄くなる感は否めません。ビジネスシーンでは男性がリングやブレスレット・カフスも身につけない日本の場合、腕時計より手元のジュエリーに重きを置くほうが男性との差別化ができるはずです。そのような差別化を目指すのであれば、腕時計を革バンドのものに変更する方法があります。革バンドの色は男性に多い黒・茶色ではなく、ほどよい女性らしさを感じさせるグレーやベージュなどの主張しない中間色をおすすめいたします。 そうすれば、
 
● 細いチェーンのチャームなしブレスレットをあわせられるので、使えるアイテムが増える
● メタル以外の素材と色が加わるので、より手元に陰影が出る
● 腕時計のイメージがよりニュートラルなので、ジュエリーの自由度が高い
● 腕時計の印象がやさしくなるので、相手に対するジュエリーのメッセージ性が高まる

でしょう。ただし、革バンドはメタルバンドに比べるとお手入れが必要、汗に弱いので数年で交換が必要、扱っているところが少ない、質の良いものはそれなりのお値段がするというデメリットがあります。そのため、ジュエリーの相手に対するメッセージ(その人の心の余裕・上質さ、あるいは相手への敬意)が必要な場面で、ピンポイント投入するのが現実的でしょう。例えば、重大な案件の決定権を持つ人へのプレゼンテーションの時などです。このような場面でプラスになるのであれば、高い投資ではありますが充分価値はあるのではないでしょうか。
 
また、手元のジュエリーには、顔まわり・胸元のジュエリーにはない「自分から見える」という特徴があります。他のジュエリーでは、自分に「その仕事にふさわしいセンスがあること」をいかに相手に伝えるかを考えてきました。しかし、手元のジュエリー、特にリングは、打ち合わせでノートをとるとき、パソコンで作業しているときなど、ふと目を落とすたびに目に入るものです。そこに自分自身へのメッセージが込められていれば、厳しいビジネスシーンを生き抜くパワーを得ることも出来るはずです。ジュエリーの起源は、パワーを得るための呪術的な要素が強かったという説があるくらいですから。しかし、現代のビジネスシーンで使うジュエリーは、呪術的な神秘の力に頼るより、もう少し科学的な意味づけのほうがふさわしいでしょう。例えば、自分はこうなりたいというストーリーなどです。ジュエリーという上質な素材で相手に対し上質なメッセージを送り、自分だけが知っているストーリーで自分自身へもメッセージを送る。そういうジュエリー使いはいかがでしょうか。
 
 
 
当ショップは、上記(1)~(3)の条件を満たすようなジュエリーのデザイン・製作に挑戦してまいります。加えて、実際のビジネスシーンでの経験を生かし、ジュエリーコーディネーターとして、様々なビジネスシーンにふさわしいジュエリーを中心とした新しいファッションスタイルをご提案してまいります(ただいま開店準備中です)。

★ 関連コラム

 ・ビジネスでのファッションは仕事のセンス
 ・ネイルとジュエリーを戦略的に使い分ける
 ・働く女性の腕時計とブレスレット
 ・働く女性の腕時計と手のジュエリー
 ・ビジネスシーン・ジュエリーのコラム一覧

Another You Shop ホームページ画面を起動します。

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.

戦略の立て方|ビジネスシーンのジュエリーコーディネート [ビジネスシーンでのジュエリー]

過去3回に渡り、ビジネスシーンにふさわしいジュエリーとはどのようなものであるか、アイテムごとに考えてみました。しかし、最近は複数のアイテムまたは複数の同じアイテムのジュエリーを着ける人が増えています。ボリュームのあるジュエリーを着けにくいビジネスシーンの場合、複数のジュエリーを着けることは、ジュエリーの効果を高める有効な方法となります。一方で、着けすぎると、くどい、華美すぎるなどマイナスの印象を与えてしまうこともあります。今回は、ジュエリーコーディネーターとして、またかつて一般企業で現場リーダーとして働いた経験のあるひとりの女性として、どうすれば効果的に複数のジュエリーを着けることができるか、コーディネートの組み立て方を考えてみたいと思います。

1.ビジネスファッションのゴールを明確にする

BusinessScene2.jpg

ビジネスでは、まずゴールを明確に設定し、それを実現するには何をなすべきか、何を切り捨てるべきかを考えます。ゴールの設定を間違えたり不明確だと、その後の判断や作業が的外れ・無駄になる可能性が高いので、ゴールを正しく明確に設定することは非常に重要です。

ビジネスシーンにおけるファッションとは、ズバリ「その仕事にふさわしいセンスがあることを表現する手段」ではないでしょうか。ならば、ビジネスシーンでのファッションにも、ビジネスと同じアプローチを取り入れるべきでしょう。どのような人たちに、どのような印象を与えれば、自分が「その仕事にふさわしいセンスがある」と思われるのかきちんと分析し、明確なゴールを設定するのです。プライベートのファッションのように、好きだから・心地よいからなど自分の感覚を出発点とするのは、ビジネスシーンではふさわしくありません。

そして、ゴールはシーンごとに微妙に違うものです。例えば、新規案件のプレゼンテーションにふさわしいゴールは何かを考えてみます。その新規案件が基幹業務に関するものならは、堅実かつ重厚な印象で安心感を与えることが最も大切かもしれません。しかし、おなじ新規案件でも顧客にとって新規開拓領域ならば、重厚さよりも新しさ・柔軟さを感じさせる必要があるかもしれません。

2.ジュエリーに託す役割を明確にする

ビジネスファッションのゴールが明確になったら、スーツ・シャツなどのインナー・靴・時計・ジュエリー・ネイルなどでどうやってそれを表現するか、それぞれの役割分担を明確にします。全体に占める面積が広いスーツ・インナー・靴で基本的な方向性は決まりますが、常識的に許される範囲は限られています。そこで、時計・ジュエリー・ネイルなどで、ニュアンス(微妙な違い)や深みを付け足すということになりますが、ジュエリーがその役割にもっともふさわしいでしょう。ビジネスでもっとも重要な「時間を知る」ため時計は、ファッション性より機能性を重視すべきですし、ビジネスシーンでのネイルには厳しい人も多いからです。(ネイルアートにはないジュエリーのメリットについては、別コラム「ネイルとジュエリーを戦略的に使い分ける」で述べています。)

さらに、ジュエリーに使われる貴金属には「質の高さ」を感じさせるという側面があります。新人とリーダーでスーツの形にそれほどの差はないかもしれませんが、素材・縫製などの質はかなり違うはずです。ある程度の質のスーツになると、ジュエリーがないと「画竜点睛を欠く」感じが否めません。「質の高さ」はポジションの高い人ほど重要視するものなので、ジュエリーのこの特性を利用しないのはもったいないことです。

また、手元のジュエリー、特にリングは、打ち合わせでノートをとるとき、パソコンで作業しているときなど、ふと目を落とすたびに目に入るものです。そこに、例えば自分はこうなりたいというストーリーなど自分自身へのメッセージが込められていれば、厳しいビジネスシーンを生き抜くパワーを得ることも出来るはずです。ジュエリーという上質な素材で相手に対し上質なメッセージを送り、自分だけが知っているストーリーで自分自身へもメッセージを送る。そういう役割をジュエリーに託してみてはいかがでしょうか。

3.参考になるマトリックス

では、ジュエリーでニュアンスや深みを付け足すにはどうすればよいのでしょうか。以前のコラム「ビジネスで使うジュエリーを戦略的に揃える」で、参考となる1つの指標をご提示しています(下図)。ジュエリーは素材が制限されていますので、影響が一番大きいのはデザインでしょう。そこで、デザインに影響を与える指標として、ラインが直線的であるか・曲線的であるか、装飾が複雑か・単純か、の2つの軸を設定し、各ゾーンのイメージを定義しています。 

DesignScale2.pngラインが直線的で装飾が単純な右下のゾーン(1)のイメージは、「都会的」「シャープ」「合理的」

ラインが直線的で装飾が複雑な左下のゾーン(2)のイメージは、「クラシック」「重厚な」「凝った」

ラインが曲線的で装飾が複雑な左上のゾーン(3)のイメージは、「ゴージャス」「ダイナミック」「にぎやか」 

ラインが曲線的で装飾が単純な右上のゾーン(4)のイメージは、「ナチュラル」「やわらか」「若々しい」

ラインは直線と曲線が程よくミックスされ、装飾も単純ではないけれど複雑まではいかない程よさ。中途半端ではなく、バランスのとれたニュートラルな中央のゾーン(5)のイメージは、「エレガント」「おだやか」「シック」

上のキーワードを参考に、まず選んだスーツ・インナー・靴・時計などのゾーンを確認します。ほとんどのものはゾーン(1)かゾーン(1)寄りのゾーン(5)ではないでしょうか。それをベースに、最初に設定したゴールを目指して必要なイメージをジュエリーで追加していけばよいのです。

4.ジュエリーのコーディネートで気をつけるべきこと 

上記のマトリックスを使ってジュエリーをコーディネートするとき、気をつけるポイントは以下の2つです。

(1) アイテム同士に関連性を持たせる

関連性によって複数のアイテムに「統一感」が生まれ、それによってまとまりがあり、センスが良いという印象を与えることが出来ます。しかし、関連性も適度であれば「すっきり」した印象でも、関連性が高くなりすぎると「単調」あるいは「うるさい」印象になります。逆に関連性を適度に弱くすると「変化のある」印象になりますが、弱くなりすぎると「バラバラ」「ごちゃごちゃ」な印象になります。

全てのアイテムを1つのゾーンに集中させたときは関連性が高すぎて「単調」「うるさい」印象になっているリスクがあります。「単調」な印象になっていた場合、隣接するゾーンのアイテムにチェンジするか加える、「うるさい」印象になっていた場合は、アイテムを減らすもしくは隣接するゾーンのアイテムにチェンジする方法があります。

逆に、3つ以上のゾーンに属していた場合や、(1)都会的と(3)ゴージャス、あるいは(2)クラッシックと(4)ナチュラルのゾーンなど、隣接しないゾーンに分かれていた場合は、「バラバラ」「ごちゃごちゃ」な印象になっているリスクが高いといえます。「バラバラ」「ごちゃごちゃ」な印象であれば、アイテムを減らすかチェンジして、属するゾーンの数を減らすように調整する必要があります。

なお、このマトリックスはデザインの一部を指標化したものに過ぎず、ジュエリーの他の要素(宝石の色・地金の色やボリュームなど)は考慮されていません。しかし、ビジネスシーンで使用できる宝石の大きさ・色や地金のボリュームにはかなり制約が多いため、このマトリックス+地金の色の関連性を考えれば、かなりの部分がカバーできると思います。地金の色の関連性の持たせ方としては、例えば全アイテムをピンクゴールドで統一する、あるいはイエロー・ゴールドのアイテムにホワイト・ゴールドとイエロー・ゴールドのコンビネーションのアイテムをあわせる(イエロー・ゴールドで関連性を持たせる)などがあります。 

(2) ジュエリーを着けすぎない

neck.jpgネイルや香水など、慣れのためいつのまにか過剰になって周囲のひんしゅくを買っていたというケースがありますが、ジュエリーにもその危険性が潜んでいます。最近の男性はビジネスシーンでタイ・ホルダーやカフ・リンク(カフス)をしない人も多く、そのためビジネスシーンでのジュエリーは意外に目立つものです。また、華美になることに厳しい意見をお持ちの男性も少なくありません。残念ながら、日本のビジネスではまだまだ上層部は男性がほとんどですので、女性の感覚を基準にしてはいけません。顔まわりに1つ(イヤリング1組)、胸元に1つ(ネックレスかブローチのどちらか、ただしボリュームによっては2つ程度は許容範囲のことも)、手元に2つ(リング・ブレスレット)までが限度ではないでしょうか。ビジネスシーンでのジュエリーは着けすぎた印象にしないことが大切です。

そのためには、相手に見える自分の姿(距離や範囲)を意識する必要があります。プロジェクターを使い大人数に対し立ってプレゼンテーションする場合、相手には自分の全身が小さく見えるので、少しボリュームのあるアイテムでも違和感が少ないでしょう。ただし、ボリュームのあるアイテムは1つに限定し、メリハリをつけた方が効果的です。一方、少人数で配布資料ベースで机に座ってプレゼンテーションする場合は、イヤリング・ネックレス・リングというように顔まわり・胸元・手元の全てに着けてしまうと上半身しか見えないため過剰に感じるかもしれません。その場合は、アイテムを1つ減らす必要があります。


次回は、実際のビジネスシーンを想定し、どのようにジュエリーを選んでいくかを考えたいと思います。


当ショップでは、ゾーン(5)(エレガント・シック)のデザインを中心に、ビジネスシーンで使えるジュエリーをご提供いたします。加えて、実際のビジネスシーンでの経験を生かし、ジュエリーコーディネーターとして、様々なビジネスシーンにふさわしいジュエリーを中心とした新しいファッションスタイルをご提案してまいります(ただいま開店準備中です)。

★ 関連コラム

 ・テーラード+シャツ|ビジネスシーンのジュエリーコーディネート 
 ・テーラード+カットソー|ビジネスシーンのジュエリーコーディネート 
 ・テーラード+イタリアンカラー|ビジネスシーンのジュエリーコーディネート 
 ・ノーカラージャケット|ビジネスシーンのジュエリーコーディネート
 ・ビジネスシーン・ジュエリーのコラム一覧 

Another You Shop ホームページ画面を起動します。

 


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.