So-net無料ブログ作成

テーラード+シャツ|ビジネスシーンのジュエリーコーディネート [ビジネスシーンでのジュエリー]

前回は、どうすればビジネスシーンで効果的に複数のジュエリーを着けることができるか、コーディネートの1つの方法論をご紹介しました。今回は、ジュエリーコーディネーターとして、またかつて一般企業で現場リーダーとして働いた経験のあるひとりの女性として、どうすれば効果的に複数のジュエリーを着けることができるか、具体的にコーディネイトを考えてみたいと思います。

ビジネスシーンにおけるファッションとは、ズバリ「その仕事にふさわしいセンスがあることを表現する手段」ではないでしょうか。現場リーダーは、外では実務面の責任者として対外交渉を行い、内ではグループが最大の力を発揮できるよう環境を整えリードすることが主な仕事ですので、まわりに「きちんと仕事ができる人」というイメージを与えることが最も大切です。そのため、やはり基本はテーラードジャケットになると思います。ビジネスの世界は長いあいだ男性中心でしたので、男性のスーツ(背広)と同じ形状のテーラードジャケットは最もビジネスシーンに馴染みやすく、年齢・職種を問わず万人に好感を持たれます。男性のダークスーツ(濃紺・チャコールグレーで、無地あるいは細いストライプ)に準じたものは、特に「真面目さ」「誠実さ」をイメージしやすいものです。

そこで、今回は濃紺やチャコールグレーのテーラードジャケットを起点に、インナーとして一般的なシャツで、ビジネスシーンに応じたコーディネートを考えてみたいと思います。

1.テーラードジャケットのVゾーンの問題点

テーラード・ジャケット

テーラードジャケットは男性のスーツ(背広)に似ていますが、男性のようにはいかない難しさがあります。その最大のものが、Vゾーンの作りこみではないでしょうか。男性のVゾーンはシャツの襟を留めてネクタイをするというルールが確立されていますが、これは長い歴史で作り上げられた形式美です。

しかし一部の職場を除き、女性はネクタイをしません。そのため、次のような問題が発生します。


(1) ネクタイの色や柄がないため、Vゾーンが単調になる。
(2) ネクタイがないため、Vゾーンが間延びした感じになる。
(3) ネクタイ姿の男性に比べ、きちんとした感じが薄い。

上の問題は、インナーがシャツのときに顕著でしょう。社内で事務作業をする場合などシーンによっては大きな問題ではないですが、気になってしまうシーンもあります。かといって男性のネクタイに代わる女性のルールは確立されていません。つまり、女性は個人の美的センスでVゾーンを再構築しなければならないのです。 

2.シャツで「堅実で上質な」コーディネートをする

最近では、スーツのインナーにカットソーをあわせる人が多くなりました。確かに、襟のあるシャツより襟のないカットソーの方がVゾーンがすっきりしてバランスがとりやすいと思います。しかし、カットソーは素材がニット(編み物)のため、素材が織物のシャツと比べてくだけたイメージになります。女性のテーラードジャケットにもやはりシャツが相応しいと考える人は、女性より男性、若い人より年配の人に多いようです。「堅実な」コーディネートが最も求められるシーン、例えば新規案件の提案を行うとき、めったに会わない顧客の幹部と会うときなどは、どうしても相手が年配の男性であるケースが多いので、やはりシャツでコーディネートした方が安心です。シャツで「堅実な」コーディネートをする場合を考えてみたいと思います。

ネクタイをしないために崩れたバランスを修復するには、ネクタイに似たものを用意することが一番簡単そうです。スカーフなどの布小物を首元に巻くという方法がありますが、キャビンアテンダントや美容部員のようなアレンジをしてしまうと、華やかすぎて一般的なビジネスシーンでは違和感があります。しかし、布小物の面積をネクタイ程度に抑えれば、華やか過ぎることはないはずです。

テーラード+ストール

その1つの方法として、スカーフやストールを第一ボタンを外したシャツの上から首にかけ、その上からジャケットを羽織ってみてはいかがでしょう。ジャケットの襟からちょっと見えるだけですが、スーツに色や柄を添えることが出来ます。少ししか見えないため、大きな柄より細かい柄、色も複数入っていた方が効果的です。シルク100%だと滑りやすく扱いにくいと感じる方は、ウールとシルク混紡だと滑りにくいと思います。ストールならスカーフほど応用は利きませんが、たたむ手間と形が崩れる心配が少なくて便利です。ただし、首にかけるだけなので、ジャケットの裾から飛び出さないよう長さに注意する必要があります。

最近よく見かけるスキッパーはジャケットの襟に重ねるスタイルが颯爽としていますが、上のようなストールの使い方とはあいません。そもそも、スキッパーはセーターのスタイルが起源のためスポーティーなイメージがあり、「堅実な」イメージには遠いところにあります。首元がすっきりして小顔効果が高いというスキッパーのメリットは、違うシーンで生かしたほうがよさそうです。Vゾーンは狭いので、襟の形にもこだわりが必要ですね。

襟の形にこだわりストールを使うことによって(1)の単調さは改善されますが、(2)の間延びした感じ、(3)のきちんとした感じが薄い問題は残ります。そこで、ジュエリーを活用します。ストールで色をさして変化をつけ、ジュエリーで間を埋めてきちんとした感じをプラスするのです。

テーラード+ストール・ネックレス

まず、ネクタイがないことによって出来た間をネックレスで埋めます。シャツの上からネックレスをすることはあまりおすすめしません。シャツの上にネックレスをした場合、短めだと時代がかった垢抜けないイメージになりがちですし、長めだと重心が下がります。重要なシーンでは着席しているケースが多いですから、特に重心は上にあったほうが良いのです。ネクタイのノット(結び目)の位置を考えれば、どの高さに重心があるとバランスが良いかわかると思います。この長さは首が太く短いと似合わないと言われますが、シャツの襟があるので気にならないはずです。見えるのはほんの少しになるため、ある程度の太さがないと着る意味がありません。かといって、太すぎたりこりすぎたデザインではごちゃごちゃした感じになるので、シンプルで適度な太さのネックレスが良いでしょう。例えば、オメガネックレスのようなタイプです。

これで問題(2)と(3)に対応出来ましたが、ネクタイの大きさと比べネックレスの見える範囲が狭いので、まだ若干もの足りなさが残る場合があります。

テーラード+ストール・ネックエス・ブローチ

それを補うには、ブローチをつけるという方法があります。ブローチは、胸というより肩に近い位置につけます。右は縦長のタイプの場合ですが、ブローチが円形等でもカラー(上襟)とラペル(下襟)の間の縫い目あたりにつけるとバランスがいいでしょう。ブローチの場合、ジャケットの濃紺やチャコールグレーが背景にあって引き締まるので、少し甘さ(曲線)があっても違和感が少ないはずです。ブローチは、女性らしさを嫌味なくアピールでき、よりきちんとした感じが強くなるおすすめアイテムです。

なお、ビジネスシーンではジュエリーを着けすぎると嫌味になる上、シーンによって許される量も違いますので、冷静な判断が必要です。ネックレスとブローチを両方つける場合は、ネックレス・ブローチに近いイヤリング(ピアスを含む)のボリュームは抑えたほうがよく、なくても構わないほどです。逆に、ネックレスしかつけない場合は、イヤリングにそれなりのボリュームがあったほうがVゾーンのもの足りなさを補えますが、それもビジネスシーンにふさわしい大きさとデザインでなければならないのはいうまでもありません。

これで、ネクタイをしている男性と同じくらいきちんとしているけれど女性らしいコーディネートが出来上がると思いますが、せっかくですから、ジュエリーを使ってさらに上を目指しましょう。胸元、顔まわりから少し離れた、手元を作りこみます。とはいえビジネスでもっとも重要なのは時間ですから、ブレスレットよりは時計にこだわった(有名ブランドの時計ということではなく、バンドなど細部にこだわる)方が効果的なので、ブレスレットよりリングをおすすめします。もちろん、ビジネスシーンにふさわしいシンプルなデザインであることと、どの指につけるかこだわることが必須条件です。利き手のリングは目立つので、利き手にするならより慎重にデザインを選ぶ必要があります。また、時計以外にもネイルとのバランスも重要です。これらの詳細は、関連コラムで詳しく述べていますので、ご参照ください。

ジュエリーのコーディネートを考えることは意外に大変です。だからこそ、その人の心の余裕・上質さ、あるいは相手への敬意が伝わるのです。とはいえ、いつも一から考えていては効率的ではありません。ビジネスの世界では、やり方をパターン化して作業効率を上げるのが一般的です。いくつかのパターンを用意し、その中のパーツを少し変えるだけで、かなりの範囲をカバーすることが出来ることが多いものです。ご自分にあったパターンをいくつか用意すれば、後はそれほど手間をかけずにきちんとした感じを演出できるのでおすすめです。

次回は、テーラードジャケットにラウンドネックのインナーを着た場合のジュエリーコーディネートを考えてみたいと思います。 

当ショップでは、ビジネスシーンで使えるジュエリーをご提供いたします。加えて、実際のビジネスシーンでの経験を生かし、ジュエリーコーディネーターとして、様々なビジネスシーンにふさわしいジュエリーを中心とした新しいファッションスタイルをご提案してまいります(ただいま開店準備中です)。

★ 関連コラム

 ・戦略の立て方|ビジネスシーンのジュエリーコーディネート 
 ・テーラード+カットソー|ビジネスシーンのジュエリーコーディネート 
 ・働く女性の腕時計とブレスレット
 ・働く女性の腕時計と手のジュエリー
 ・ネイルとジュエリーを戦略的に使い分ける
 ・ビジネスシーン・ジュエリーのコラム一覧

 


RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.