So-net無料ブログ作成
検索選択

ビジネスシーンでジュエリーを着ける意味とは [ビジネスシーンでのジュエリー]

プライベートではジュエリーを着けて楽しんでいる女性も、ビジネスシーンとなるとジュエリーを着けないことが多いようです。プライベート では自分が好きなものを好きなように装えますが、ビジネスシーンのファッションには様々な制約があります。かつてジュエリーは富=権力の象徴であったため、上質・上品といったプラスのイメージだけでなく、嫌味・威圧的といったマイナスのイメージを与えるリスクもあります。しかもジュエリーには時計のような機能性がないのでなくても困らず、いっそ着けない方が安全と考える方が多いからではないでしょうか。
 
社会人になりたての新人であれば、ジュエリーを着けていない姿も初々しくて良いかもしれません。しかし、経験を積んで責任ある立場になってからも、そのままで良いのでしょうか。ビジネスシーンでは、ジュエリーを身に着ける価値はないのでしょうか。ビジネスシーンでジュエリーを身に着ける価値は、女性ならではの方法で「責任ある立場にふさわしいセンス」「その仕事にふさわしいセンス」を効果的にアピールできることです。それはなぜでしょうか。
スーツ姿の男性が2人いるとします。片方はネクタイを締めていますが、もう片方はネクタイを締めていません。見た目だけで判断した場合、あなたはどちらに「仕事を任せたい」と思うでしょうか。ほとんどの人が、ネクタイを締めている人を選択するでしょう。ネクタイを締めている人はネクタイを締めていない人よりも、
 
・ きちんとしていて、心の余裕がある
・ 相手に対する礼儀を大切にしている
・ ネクタイの選び方でその人の意思や特性が現れている
 
などと感じ、仕事に対する姿勢もビジネスファッションに対する姿勢と同じであろうと想像することでしょう。女性はスーツ姿でもネクタイを締めないのが一般的なので、女性がネクタイを締めていなくても、上の男性2人ほどの印象の差はないでしょう。しかし、ネクタイを締めている男性と同じレベルの印象になるかと言えば、違います。ファッションは常に相手の目に入り潜在意識に働きかけるものなので、この差は放置できません。
 
ジュエリーを身に着けることは、この差を埋める女性らしい方法の1つです。つくりが丁寧なジュエリーを身につければ、身に着けている人もそうであろうと連想します。ジュエリーに使われる素材は価値ある貴重なものばかりです。価値ある貴重なものを身に着け人に会うことは、相手はそれだけ価値ある貴重な存在という、相手への敬意を表現する方法の1つなのです(パブリックな場所での服装は、自分のためではなく相手のためのものです)。ジュエリーはネクタイと比べると、色のバリエーションでは劣りますがアイテムや形にバリエーションがありますので、より細やかにその人の意思や特性を表現できます。例えば、マネージャらしい落ち着いた雰囲気を出したいときは重厚でがっしりしたジュエリー、セールスパーソンが俊敏に見せたいときはシャープでクールなジュエリー、凛々しい顔のイメージをやわらげたいときは少し可憐でかわいいテイストがあるジュエリーを身に着けるなどです。
 
もちろんジュエリーには、マイナスのイメージもあります。だからこそ、ジュエリーのプラスのイメージのみ引き出すコーディネイトが出来れば、その優れたバランス感覚はまさに「責任ある立場にふさわしいセンス」「その仕事にふさわしいセンス」として相手の深い印象に残るでしょう。現代のビジネスにおいて女性に期待されていることは、男性と同じフィールドに立ちながらも、女性ならではの視点・方法でビジネスを切り開くことです。男性がビジネスシーンでは身に着けることができないジュエリーのアイテムで、女性らしいスーツスタイルを作りあげてみませんか。
 

当ショップでは、ビジネスシーンで使えるジュエリーをご提供いたします。加えて、実際のビジネスシーンでの経験を生かし、ジュエリーコーディネーターとして、様々なビジネスシーンにふさわしいジュエリーを中心とした新しいファッションスタイルをご提案してまいります(ただいま開店準備中です)。  

★ 関連コラム

 ・ビジネスで使うジュエリーを戦略的に揃える 
 ・ビジネスシーン・ジュエリーのコラム一覧

Another You Shop ホームページ画面を起動します。
 

RSS1.0このブログの更新情報が届きます(RSS1.0) ※左のリンクから「フィードを登録|購読する(無料です)」をクリックしてブラウザに登録すると、更新通知が自動的にブラウザに表示されます。詳しくはブラウザのヘルプをご覧ください。
※以下のFacebookコメントへの返信内容は、2012年5月以前のものは、ご投稿者と返信者だけが見られます。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
Copyright (c) 2012 ~ 2017 ANOTHER YOU All Rights Reserved.